【目黒区】粗大ゴミのオススメの処分方法をご紹介!

目黒_粗大ゴミ

こんにちは!トラクルスタッフです!

突然ですが、皆さんは粗大ゴミをどのように処分していますでしょうか?

粗大ゴミは地域によって分別方法が違ったり、処分に必要な申し込みなどが面倒で、後でいいかと放置してしまうことも多いのではないでしょうか?

特に引っ越しなど忙しい時に粗大ゴミを処分しなければならず、できるだけ楽に処分したいものです。

そこで今回は、目黒区で粗大ゴミをどう分別したらいいのか、楽な処分方法について詳しくご説明します!

今回の記事で知ることができる内容は以下の通りです♪

参考になると思いましたら、ぜひブックマークしておいてくださいね✨

  • 目黒区のゴミの分別方法
  • 目黒区の自治体で粗大ゴミを処分する方法
  • 目黒区で簡単に粗大ゴミを処分する方法

\トラクルに相談する/
TEL:0120-987-896

目黒区のゴミの分別方法

目黒区では大きく分けて以下のようなゴミの分類があります。

  • 粗大ゴミ
  • 燃やすごみ(可燃ゴミ)
  • 燃やさないごみ(不燃ゴミ)
  • 資源(資源ごみ)

目黒区では、水銀を含む製品は燃えないごみとは違い、月に1回のみの回収となっているなど、ゴミの分別にも注意すべき点がいくつかございますので、より詳細に説明していきます!

粗大ゴミ

目黒区で、粗大ゴミに分別される条件は以下の通りです

  • おおむね1辺が30センチ以上のもの

捨てたいゴミの大きさを測り、30センチを超える大きさのゴミは粗大ゴミとして分別され、普段出している燃えるゴミのように収集所に出せば回収されるという訳ではないので、注意が必要です!

以下のようなものが粗大ゴミとしてよく処分されます

  • ソファー
  • 本棚
  • ベッド

しかし、30センチ以上のもの全てが粗大ゴミとして回収できる訳ではなく、リサイクルが義務付けられているものもあるので、注意して分別するようにしましょう!

粗大ゴミとして出せない品目
家電リサイクル法対象製品 ・テレビ
・エアコン
・冷蔵庫/冷凍庫
・洗濯機/衣類乾燥機
パソコン ・デスクトップ
・ノートパソコン
・モニターなど
自動車・オートバイ ・原付も含む
有害性・危険性があるもの ・ガスボンベ
・バッテリー
・石油など
処分が困難なもの ・ピアノ
・タイヤ
・耐火金庫など

これらの製品は自治体の粗大ゴミ回収では処分することができず、ご自身で不用品回収業者などに処分の依頼を出す必要があるので、ご注意ください。

トラクルでは、これらの品目でも一部を除き、処分可能なので、ぜひ一度ご相談ください!

\トラクルに相談する/
TEL:0120-987-896

燃やすごみ(可燃ゴミ)

目黒区では、燃やすごみを週に2回、朝の8時ごろに回収しています。

地域によって回収される曜日が違いますので、詳細は目黒区のホームページで確認するようにしてください。

目黒区で燃やすごみに分別されるごみは以下の品目になります!

燃やすごみ(可燃ゴミ)
品目 注意点
生ゴミ 水切りをしてから出す
小枝・木の板 少量ずつしばって束ねる
紙おむつ 汚物を取り除き、袋で密閉する
衣類 特になし
プラスチック製品 1辺の長さが30センチ未満のものに限る
汚れの落ちない容器包装プラスチック製品 1辺の長さが30センチ未満のものに限る
皮革製品・ゴム製品 1辺の長さが30センチ未満のものに限る

蓋つきの容器か中身の見える透明の袋に入れてゴミを出すようにしてください!

回収が8時ごろから順次行われるので、必ず8時前には収集所に燃やすごみを出す様にしてください。

また、一度に出せる量は45リットルゴミ袋で4袋までになっているので、ごみを溜めずに定期的に捨てる様にしてください。

燃やさないごみ(不燃ゴミ)

燃やさないごみは朝の8時に回収されるのですが、収集日は月に2回のみですので、出し忘れないように注意してください!

水銀を含む蛍光灯や体温計、血圧計などは月に1回のみの回収になるので、ご注意ください。

燃やさないごみ(不燃ゴミ)
品目 注意点
アルミホイルなどの金属類 特になし
アイロン・ドライヤーなど小型家電製品 1辺の長さが30センチ未満のものに限る
包丁・ハサミなど刃物類 厚紙などで包んで、「キケン」と記載する
スプレー缶・ガスボンベ・ライター 使い切り、他のゴミと別で袋を分けて「キケン」と記載する
水銀を含む製品 袋に「水銀体温計」や「蛍光灯」など記載する

不燃ごみも可燃ごみと同様に、蓋つきの容器に入れるか、中身の見える透明の袋に入れて回収場所に出しましょう。

スプレー缶は必ず中身を使い切ってから処分するようにしてください。

しかし、危険なので穴を空けずに出すようにしてください。

水銀を含む製品を捨てる際には、他のゴミとは別の袋に入れ、「水銀体温計」など製品名を記載する様にしてください。

資源(資源ごみ)

資源ごみは週に1回、朝の8時ごろに回収しています。

資源ごみは品目によって袋を分ける必要があるので、注意しましょう!

資源(資源ごみ)
品目 注意点
ペットボトル 中を軽く洗い、キャップとラベルを外し、潰して出す
ビン キャップを外して、水で洗ってからコンテナか中身の見える袋に入れて出す。飲食料用に限る。
中をすすいでコンテナか中身の見える袋に入れて出す。飲食料用に限る。
プラスチック製包装容器 プラマークが付いている容器や包装に使われる製品のみ回収

目黒区で粗大ゴミを処分するには?

目黒区の粗大ゴミを処分するには、自治体に事前に予約する必要があります。

目黒区のホームページで予約状況を確認し、都合の合う日を選択する様にしましょう。

自治体に粗大ゴミ回収の依頼をする方法は?

1.大きさを測る

目黒区の自治体での粗大ゴミ回収では、粗大ゴミの大きさによって処理手数料が変わるので、申し込む前に捨てたい品目の大きさを測る様にしましょう。

下の図の様に、捨てたい粗大ゴミの「高さ」と「幅」と「奥行」の3辺で最も長い2辺の合計の長さで、処理手数料を知ることができます。

サイズ説明

引用:主な粗大ごみ処理手数料一覧(収納家具類)目黒区

サイズごとの処理手数料は下の表を参考にしてみてください!

捨てたい品目によっては手数料が変動する可能性もあるので、詳しくは申し込み時に質問する様にしましょう!

サイズ 手数料
最大2辺の合計が、140センチメートル以下 300円
最大2辺の合計が、140センチメートルを超え200センチメートル以下 600円
最大2辺の合計が、200センチメートルを超え270センチメートル以下 1,000円
特大 最大2辺の合計が、270センチメートルを超え360センチメートル以下 1,700円
極大 最大2辺の合計が、360センチメートルを超える 2,400円

詳しくは処理手数料一覧のページをご確認ください

2.申し込みをする

申し込み方法としては、電話とインターネットでの2通りがあります。

一応ホームページ上にはFAXの番号(03-5722-9537)があるのですが、お問い合わせ専用になっており、粗大ゴミの依頼は出来ないようです。

申し込み先 目黒区粗大ごみ受付センター
電話番号 03-5715-0053(月〜土、午前8時~午後7時まで)
FAX FAXでの受付はしていません。
予約できるサイト 目黒区粗大ごみ受付センター(24時間受付)
費用 手数料は粗大ゴミの種類によって異なる。
金額は400円~2,400円。
「有料粗大ごみ処理券」を東急ストアやコンビニで購入し、処理券のシールを不用品に貼る。
注意点 インターネットでは申し込めない品目がある。
地域によって回収曜日が決まっている。
粗大ゴミの持ち込みはできない。

粗大ゴミとして処分する場合の注意点

他の区で購入した有料粗大ごみ処理券は、目黒区では使用することができません。

もし他の区で購入してしまった有料粗大ごみ処理券がある場合は、購入した自治体に申し出るようにして下さい!

インターネットだと申し込みができない粗大ゴミがあるので、その場合は電話で申し込みをする必要があります。

また、目黒区の自治体での粗大ごみ処分は、地域によって粗大ゴミを回収する日が決まっており、「駒場」「大橋」「青葉台」「東山」「上目黒一丁目」「上目黒五丁目」以外の地域は平日のみの回収になっているので、ご注意ください。

処分方法は自宅前での回収のみとなっていて、粗大ゴミの持ち込みはできませんので、注意が必要です。

目黒区の粗大ゴミで処分できないもの

目黒区の自治体で粗大ゴミとして処分できない品目がいくつかあるので、事前に知っておくと粗大ゴミを処分するときに困らずに済むので、ぜひ覚えておくと便利です!

粗大ゴミとして出せない品目
家電リサイクル法の対象製品 ・テレビ(ブラウン管含む)
・エアコン
・冷蔵庫/冷凍庫
・洗濯機/衣類乾燥機
パソコン ・ノートパソコン
・デスクトップ
・パソコン用モニターなど
自動車 オートバイ/原付も含む
消化器 消火器リサイクル推進センターに相談する
処理が困難なもの ・タイヤ
・ピアノなど
有害性・危険性があるもの ・ガスボンベ
・石油類(ガソリン/灯油/軽油/シンナーなど)
・バッテリー
・花火/マッチなど

では、これらの品目を処分するにはどうすればいいでしょうか?

受付けてもらえない粗大ゴミの処分

まず、危険性があるものや有害性がある品目は簡単に処分することができず、その専門のお店や専門の処分サービスにお願いする他ありません。

例えば、古くなったガソリンを捨てたい場合は、近くのガソリンスタンドに行けば引き取ってくれます。

家電リサイクル法の対象製品の処分方法はいくつかあるので、簡単にご紹介します!

  • 購入した家電量販店に有料で引き取ってもらう
  • 家電リサイクル受付センターに有料で引き取ってもらう
  • リサイクルショップに買い取ってもらう。または無料で引き取ってもらう
  • 不用品回収業者のトラクルで処分する

これらが家電リサイクル法対象製品の処分方法です。

車がなくて、運び出すのが困難な場合はぜひトラクルにご相談ください!

ご自宅まで引き取りに行くだけでなく、運び出しも当社スタッフが全て行います!

\トラクルに相談する/
TEL:0120-987-896

目黒区で粗大ゴミを処分するならトラクル!

自治体の粗大ゴミの申し込みをしたとしても数週間待たされる場合や、引っ越しなどに間に合わない状況になることもあるでしょう。

こちらの記事では、世田谷区の自治体に粗大ゴミの処分をお願いした際の予約状況をまとめています。

ぜひ、参考にしてみてください!

不用品処分_即日【即日対応】緊急で不用品を処分したい時はどうすればいい?

しかし、トラクルでは毎日十分な数のトラックを稼働させているので、お客様のご予定に合わせて、ご自宅まで伺うことができます!

ご依頼をしていただいた、その日に粗大ゴミを処分することも可能ですので、お問い合わせ時にご都合のいい日にちと時間をご相談いただければと思います♪

トラクルの強み

トラクルでは、全てのお客様にお気軽にご利用していただけることを大切にしております。

特に、日常忙しく自治体の粗大ゴミ回収が利用できない方にもご利用していただけるよう平日の20時まで受付けをしています!

また、土日祝日でも回収を行なっているので、平日はお仕事があるという方でもご利用いただけるかと思います!

それ以外のご要望がございましたら、お問い合わせ時にぜひご相談ください!

\トラクルに相談する/
TEL:0120-987-896

オススメのプラン

トラクルでは、お客様のニーズにお応えできるよう、様々なプランをご用意しております!

引っ越しなどで大量に粗大ゴミを処分したいが、時間がなく急いで処分したい方には「積み放題プラン」がオススメです!

積み放題プランは1番人気のプランで、定額でトラックに積めるだけ不用品を捨てることができるというプランです✨

捨てたい量に合わせて軽トラックや2tトラックを選ぶことができます!

定額プランなので、少量の不用品を捨てる場合よりもお得に捨てることができますよ♪

しかし、壊れたテレビだけやソファーを買い替えるからといった少量の不用品を処分したい方は「ちょい捨てプラン」で、1品から好きな量を捨てることができます!

\トラクルに相談する/
TEL:0120-987-896