【不用品処分】引っ越しで出る不用品を処分するオススメの方法!

洗濯機_運び出し

こんにちは!トラクルスタッフです!

引越しや新しい家具・家電を購入する時などに出てくる不用品の処分って困りませんか?

引越しついでに家電や家具を買い換えるという場合は、引っ越す直前まで家で使用していて、捨てるタイミングが難しかったりしませんか?

そんな時はどうすればいいのでしょうか(_ _)

今回は引越しなどで出る不用品のおすすめの処分方法について、時間に余裕がある場合とない場合に分けて、ご紹介します!

引っ越し前に知っておきたい捨てられない家具・家電

家電リサイクル法の対象製品

不要な家電を処分するときには気をつけたいことがあります!

粗大ゴミとしても処分することができない家電があるのをご存知でしょうか?

「家電リサイクル法」という法律により、以下の製品はリサイクルの義務があり、自治体の粗大ゴミ回収を受け付けていないです。

  • テレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫/冷凍庫
  • 洗濯機/衣類乾燥機

では、これらの製品を処分する方法はどのようにすればいいのでしょうか?

処分する方法

家電リサイクル法の対象製品を処分する方法は大きく分けて、以下の4つになります。

  • 家電量販店に有料で引き取ってもらう
  • リサイクルショップに引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 指定取引場所に直接持込む

注意点として、故障している場合リサイクルショップには引き取ってもらえない可能性があります。

引き取って貰う場合は家電製品の現在の状態をしっかり説明し相談するようにしましょう!

指定取引場所は住んでいる地域により異なります。申込みの有無や金額、日時などを確認しましょう。

トラクルでは、家電リサイクル法対象の製品も回収を受け付けておりますので、ぜひ一度ご相談ください!

\トラクルに相談する/
TEL:0120-987-896

パソコン

パソコンも自治体が回収するゴミとして出すことができない製品の1つになっております。

回収できないゴミの中には、パソコン用モニターなども処分することができないので、合わせてご注意ください。

処分する方法

家電リサイクル法の対象製品を処分する方法は大きく分けて、以下の3つになります。

  • 家電量販店に有料で引き取ってもらう
  • リサイクルショップに引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に依頼する
  • パソコンメーカーによる回収
  • 自治体に回収してもらう

注意点として、パソコンには内蔵データがありそれらの管理やパソコンの状態には気をつけなければいけません。

特に内蔵データは個人情報の漏洩などの危険性があるので、しっかり削除してからにしましょう。

初期化だけでは、データを完全に消すことはできず、データ復元ツールなど使用すると簡単に復元できるので、ご注意ください。

データを完全に消す方法はソフトウェアを使用する方法、ハードディスクを取り除く方法があります。

ハードディスクを取り除く方法はパソコンを分解しなければいけないので、データ削除のソフトウェアを使用する方法がおすすめです。

もし、わからなければ、データ消去をしてくれる業者に相談してみるといいでしょう。

自治体で粗大ゴミとして出すことができない品目一覧

品目 処分方法
家電リサイクル法の対象製品 ・家電量販店に有料で引き取ってもらう
・リサイクルショップに引き取ってもらう
・不用品回収業者に依頼する
・指定取引場所に直接持込む
パソコン ・家電量販店に有料で引き取ってもらう
・リサイクルショップに引き取ってもらう
・不用品回収業者に依頼する
・パソコンメーカーによる回収
・自治体に回収してもらう
消化器 ・指定取引場所に持込む
自動車/オートバイ ・買取業者にお願いする
・廃車買取業者に引き取ってもらう
・(新しく車を購入する場合に限る)下取りに出す
・オークション名に出品する
ピアノ ・不用品回収業者に引き取ってもらう
・ピアノ引取業者にお願いする
・ネットオークション等を利用する

時間に余裕がある時の処分方法

自治体に粗大ゴミとして出す

処分できるゴミ

約30cm角以上になる大型ごみです。(家電リサイクル法の対象となる家電、パソコン、車などを除く)

一般的にカーペット、机・椅子、ソファー、電子レンジ、各自治体により処分できるものや料金などが異なるので、自治体の資料やホームページなどを確認しておくといいでしょう。

自治体に粗大ゴミを処分する場合、申し込みしてから引取日まで少し時間がかかります。

時期によっては1〜2週間から1ヶ月以上かかることがあるため、時間に余裕を持って申し込みを行う必要があります!

自治体に粗大ゴミとして処分できるゴミは自治体の粗大ごみ受付センターでの申し込み必要があります。

申込みは電話もしくはウェブでの方法がありますが、自治体によっては電話受付のみの場合もあります。

受付が済んだら、処分するために必要な料金分の粗大ゴミ処理券を購入しましょう。

自治体により異なりますが、処分当日の朝8時頃までに粗大ゴミを指定の場所に持っていくという流れになります。

処分できないゴミの処分方法

粗大ゴミとして処分できないものは自治体の指定する処分方法に従うもしくはリサイクルショップ、購入時の販売業者に確認するなどしましょう。

リサイクルショップに出す

リサイクルショップに出す際の注意点

リサイクルショップに出す場合はご自身でリサイクルショップまで持ち込まなけばいけない点、故障している商品や汚れが酷い商品は引き取りが難しいなどの問題があります。

リサイクルショップの中には出張買取を行っている場合もあるので、自身でショップまで持ち込みができない場合は出張買取を行っているリサイクルショップを探してお願いするといいでしょう!

リサイクルショップは家電製品、オーディオ、カメラ、パソコン、スマホ、ゴルフクラブ、楽器、自転車、アウトドア製品、ベビー用品、暖房器具、家具など多岐にわたり引取を行っていることが多いので、一度に処分することができます!

しかし、商品の状態により引取を断られることもありますので、相談するときは商品の状態などを細かく伝える必要があります。

時間に余裕がない時の処分方法

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者にお願いするメリット

  • 時間を短縮できる
  • たくさんの粗大ごみを一度に回収してくれる
  • 業者によっては自治体で回収できないものも回収してくれる
  • 自宅まで来て、運搬までしてくれる
  • プランによっては遺品整理などもできる
  • 大量のゴミも処分できる

不用品回収業者に粗大ごみの処理をお願いするメリットは「時間の短縮」だけでなく、「たくさんの粗大ゴミを一度に処分することができる」ことです。

自治体によっては1年で◯品までと指定されている場合や申込みをしても別の日になってしまいますが、不用品回収業者に頼むことで数時間で済みます。

業者によっては申込みをして電話で相談し、その日のうちに回収してくれることもあり、忙しい方にはおすすめです!

トラクルでは、お客様のご予定に合わせてお伺いすることが可能ですので、お問い合わせ時にご相談いただけると幸いです!

また、即日の対応も可能ですので、ぜひご相談ください!

\トラクルに相談する/
TEL:0120-987-896

不用品回収業者にお願いするデメリット

  • お金がかかる
  • 悪徳業者もいるので申し込みには注意しなければいけない

不用品回収業者にお願いする場合はゴミの処分料、人件費、運送料などのお金がかかります。

業者により金額は変わりますが、自身で処分するよりもお金がかかるのは間違いありません。

不用品回収業者を調べるとかなりの業者がリストアップされます。

その中には残念ながら悪徳業者も存在します。粗大ゴミを処分できるといって騙されたり、自宅に置いてあったお金を取られるなどのトラブルもありますので、信頼できる業者を見極める必要があります。

悪徳業者に注意!

不用品回収業者の中には無許可で運営している場合もあります。無料もしくは安い金額で不用品を回収し、山などに不法投棄されてしまうこともあります。

他にも不用品回収にお願いしたら貴金属などを買い取られてしまうというトラブルもかなり起きているようで、国民消費者生活センターなどに相談が殺到しているのも現実です。

悪徳業者に引っかからないためにはきちんと「一般廃棄物収集運搬業」の許可を得ているのかどうか、料金が安すぎていないか、料金の明細がしっかり記載してあるか、営業拠点があるか(住所や電話番号など細かく記載されているか)などを確認しましょう。

「無料で引き取る」と言っている業者は注意が必要です。

リサイクルショップに出す

リサイクルショップに出す際の注意点

先ほどご紹介した通り、リサイクルショップに出す場合はご自身でリサイクルショップまで持ち込まなけばいけない点、故障している商品や汚れが酷い商品は引き取りが難しいなどの問題がありましたね。

リサイクルショップの中には出張買取を行っている場合もあるので、自身でショップまで持ち込みができない場合は出張買取サービスをうまく活用するようにしましょう!

トラクルなら即日対応!

引越しのタイミングで家電や家具を買い換えることが多いと思うのですが、そんな時って引っ越す直前まで家電や家具を使っている場合が多いと思います。

しかし、直前まで使用しているとなかなか片付かなかったり、自治体の粗大ゴミとして処分できない場合があります。

トラクルでは、引っ越しの当日でも対応することができるので、ぜひご相談ください!

\トラクルに相談する/
TEL:0120-987-896

トラクルの強み

  • 圧倒的なトラック数
  • 高い稼働率
  • 不用品の数によりプランを決められる
  • リーズナブルな金額
  • 即日対応可能
  • たくさんの不用品を回収

トラクルの強みは「圧倒的なトラック数」、「高い稼働率」です。

トラクルでは全車両合わせて60台を保持しているため、どの地域でも即日対応を可能にしています。

さらに首都圏3箇所ある営業所でお客様からの問い合わせに対応し、連携をとっています。

そのため稼働率も高く、移動経費・人経費などを抑えることができ、リーズナブルな金額をお客様に提供しています。

お電話から1分で見積もりを出すこともできるため、忙しい方、時間がない方でも一度お電話でご相談ください。

トラクルの安心ポイント

  • 徹底した社員教育
  • 満足度200%を目指す
  • 環境問題にも配慮
  • マニフェストの発行可能

トラクルではお客様に安心してご利用していただくためにも徹底した社員教育をしており、安心・丁寧・迅速な対応を心がけています。

当日の流れなどご不明な点がございましたら、気兼ねなくご相談ください。

お客様の家に行くのは当社サービス研修済みのスタッフで満足度200%を目指しております。

ただ処分するのではなく地球の環境改善を心がけ、回収した不用品をできるだけ再利用するためにオフィス用品などはリサイクル業者へ、他の製品は資源・材質ごとにリサイクル工場へ運搬するパートナー契約を結んでいます。

さらに、ご要望があればマニフェストの発行も行っています。

マニフェストとは産業廃棄物管理票で、日付・場所・誰が・なんの廃棄物を処分したかなどを細かく記載する証明書のことです。

問い合わせのときにマニフェストが必要とお伝えいただければ対応致します。

お気軽にご相談ください。

\トラクルに相談する/
TEL:0120-987-896

トラクルの人気プラン

  • ちょい捨てプラン
  • 積みホーダイプラン

トラクルの人気プランは「ちょい捨てプラン」と「積みホーダイプラン」です。

ちょい捨てプランは1品500円〜からの料金で処分を承っております!

しかし、ちょい捨てプランは基本料金として、別途3,000円を頂戴しておりますので、ご注意ください!

積みホーダイプランは不用品を軽トラックに載せられるだけ載せて回収するプランです。

どんなに載せても18,000円〜からの定額プランなので、たくさんの不用品を回収してほしいときにおすすめです!

スプレー缶、ライターなどの火器類、消化器などのボンベ類、ペンキやしんなーなやシンナー等の塗料全般、畳や石膏ボードなどの建築廃材系・産業廃棄物などは回収できないので注意してください。

まとめ

ここでは引越しで出る不用品を回収するおすすめの方法をご紹介しました!

粗大ゴミは自治体で処分できるとぼんやり思っていても冷蔵庫やエアコンなどは回収できないと知らない人もいるのではないでしょうか?

粗大ゴミを処分する方法はいくつかあり、不用品回収業者にお願いすることが一番手間がなく楽な方法です。しかし、中には悪徳業者もあるので注意してほしいところです。

トラクルでは即日対応、リーズナブルな金額、徹底した社員教育、環境問題に配慮、必要に応じてマニフェストを発行するなど、お客様に信頼していただけるような取り組みをしています。

不用品回収してほしいと考えているときは相談だけでも結構なので、まずはトラクルにお電話ください。

\トラクルに相談する/
TEL:0120-987-896